Monthly Archives: 11月 2017

婚約指輪とのバランス

指輪結婚指輪にダイヤモンドを追加する場合、婚約指輪とのバランスを考えておくのがおすすめです。婚約指輪は女性人気のブランドの模を選び、結婚指輪はリーズナブルな価格帯のものを選ぶという時、デザインがあまりにも違いすぎると、婚約指輪と重ねづけした時にバランスが悪くなってしまうことがあります。

バランスを考えて選びたいなら、婚約指輪と結婚指輪を同じブランドで揃えるのがいいでしょう

広島結婚指輪を販売しているショップでは、あらかじめバランスを考えてデザインした、婚約指輪と結婚指輪のセットが用意されています。こうしたお店はめずらしくありませんが、一応見に行く前にセットリングの用意があるか事前連絡しておくと確実でしょう。いくつかデザインの違いがあっても、同じブランドならどの指輪と組み合わせてもバランスが良くなるよう考えてデザインされているから、ちぐはぐな印象にはなりません。

普段から結婚指輪と婚約指輪を、重ねづけして使いたい人にはバランスを考えてデザインを選ぶことをおすすめします。今は多くのブランドで、婚約指輪と結婚指輪のセット販売をしていますので、最初からセット購入を考えておくといいかもしれません

ダイヤモンドは女性用だけでなく、男性の方にも追加できます。外側に入れるのに抵抗が有るなら、指輪の内側に入れるなどアレンジは可能ですから、2人で考えて最適なデザインを決められます。


結婚指輪のダイヤモンドの大きさ

結婚指輪の幅はあまり太くないので、その中に入るダイヤモンドとなると、大きさも限られます。婚約指輪のように立爪でダイヤモンドを留めるのとは違うので、結婚指輪にダイヤモンドを追加する場合は、埋め込む形になります。金属だけのデザインよりも華やかさが出て、見た目も豪華になりますが、埋め込んでいるから派手すぎないのがポイントです。

ダイヤ男性と女性の両方にダイヤモンドを追加することもできますし、女性の方だけにダイヤモンドを追加するなども可能です。ダイヤモンドの大きさについては、指輪の幅によっても変わってきます。埋め込む場合はリング幅に収まる大きさであることが前提になりますので、入れたいダイヤモンドが入らないという場合は、リング幅を少し太くするか、ダイヤモンドの大きさをもう少し小さいものに変えるかのどちらかになります。

結婚指輪の幅は、平均で3ミリ前後です。ダイヤモンドはカットによっても大きさが変わりますが、一般的なカットのばあい0.1カラットで約3ミリになりますから、3ミリ幅の結婚指輪にダイヤモンドを追加する場合は、0.1カラット以下にするか、リング幅をもう少し太くして0.1カラットのダイヤモンドが入るようにしなければいけません。